スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田財務事務次官によるテレビ朝日記者に対するセクハラ行為について

2018-04-19

Tag :

 今回、女性記者が財務事務次官のセクハラ被害にあった件では、(1)取材源の秘匿に反しないか(2)事実を報道しなかったテレ朝の判断は適切だったのか(3)女性記者が他メディア(週刊新潮)へ情報を提供したことは許されるのか――などが、ジャーナリズムのあり方として問題となるように見えます。朝日新聞社会部メディア班のキャップなどもつとめた経験から、これらの論点を考えてみたいと思います。

 まず、取材源の秘匿は国民の知る権利に奉仕するジャーナリストに認められた憲法上の権利ですが、同時に、倫理的な義務でもあります。このため、今回セクハラ被害にあった女性記者が週刊新潮の取材に応じたこと自体がこの義務の違反にあたる可能性があると一部で指摘されてます。しかし、これは正しい見方とはいえないでしょう。
 義務と言っても、100%絶対ではありません。そもそも取材源の秘匿が厳しく求められるのは、この保証がないと、取材相手が真実を語らなくなり、真相の究明によって国民の知る権利に応えることができなくなる恐れがあるからです。例えば取材相手が公表に真摯に同意した場合には、このような恐れはなくなくなるので、義務は当然解除されます。
 また、取材源の秘匿は取材する側と取材される側の信頼関係を基礎においています。従って、取材される側がこの信頼関係を著しく毀損するような行為に出た場合、例えば取材の過程で記者を傷つけたり、脅かしたりするなどの犯罪行為を行ったり、不法行為によって記者の人権を著しく侵害したりした場合は、問題とならないはずです。実質的に考えても、例えば、オフレコを条件に取材していた女性記者が取材相手から強姦や強制わいせつの被害にあった場合、取材源の秘匿があるから告訴・告発できないという議論はばかげています。
 今回のケースでは、公開されたやりとりが事実であるとすれば、取材相手の事務次官は記者の取材に真摯に答えようとせず、記者が「やめてください」と何度も求めているにもかかわらず、執拗にセクハラ発言を繰り返しています。当然、記者との間の信頼関係など存在しておらず、取材源の秘匿の前提条件を欠いています。

 次に、女性記者は上司に事実を報告し、「セクハラの事実を報じるべきではないか」と迫ったのに対して、上司が(財務省への抗議も含め)何ら対応しなかった点です。これは大きな問題です。
 テレビ朝日は「放送すると本人(被害にあった記者)が特定され、二次被害が心配されること」を理由にあげていますが、本当でしょうか。この上司や組織としてのテレビ朝日が女性記者に対するセクハラ被害を深刻に考えず、とりあわなかったという可能性はないのでしょうか。もしそうだとすれば、この上司やテレビ朝日の感覚は財務省と同じレベルだったということになります。
 テレビ朝日は報道番組やワイドショーで繰り返し財務省や事務次官の対応を批判してきたのですから、この女性記者の深刻な訴えに耳を貸さず放置した経緯や理由もきちんと検証し、その結果を報道すべきです(「上司」というけれど、どんな役職の人物なのか。記者との間で、具体的にどんなやりとりがあったのか。「上司」はさらに上司に報告・相談していなかったのか。少なくとも週刊新潮が報道した後は、自社の女性記者が被害にあったことがわかっていたはずだが、そのことをなぜ昨日まで公にしなかったのかなど、疑問はつきません)。テレビ朝日は、批判の切っ先は自分にも向いていることを知るべきです。

 最後に、テレビ朝日が、女性記者が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは「報道機関として不適切な行為であり、当社として遺憾に思っています」と話していることです。読み方によっては、女性記者の行為を非難しているように受け取れます。どうも、テレビ朝日はこの点を報道機関、ジャーナリズムの問題ととらえているようです。しかし、私には全く的外れのように思えます。
記者は社員である前にジャーナリストです。社員としての労働契約上の義務はもちろんありますが、最も重い責務は読者(テレビ・ラジオなら視聴者)である国民の知る権利にこたえることです。ですから、発表するメディアを取材相手が明示的に指定した場合は格別、一般の場合には一定の条件の下に他のメディアに情報提供することも許される場合があるというべきです。
 事実、テレビの報道番組やワイドショーには他社の新聞記者や通信社の記者が登場し、論評の範囲を超えて、取材で得た事実についてもかなり率直に発言しています。あれは、その記者が所属している新聞社や通信社が許可しているからよしとされているのでしょう。要するに、この問題は会社がOKすればよいというレベルの問題――記者と会社の間の労働契約、就業規則上の問題――であって、ジャーナリズム上の論点というようなものではないのです。
 今回は、女性記者はセクハラ被害を報道するように社にかけあったが上司にとりあってもらえず、義憤に駆られて他社に持ち込んだケースです。最初の報道しないというテレビ朝日の判断が誤っていたのですから、女性記者の情報提供はやむを得ない行為だったと事後的に追認すればよいだけの話であって、「不適切な行為」だったとする理由など全くないのです。

 取材活動で得た情報を第三者に提供することがジャーナリズム上の論点とされるのは、外務省機密漏洩事件で毎日新聞の記者が取得した外交機密を自ら所属する毎日新聞で報道せず、社会党の代議士に渡して国会で質問させたことが問題となったからでしょう。今回のように女性記者自身がセクハラの被害を受け、その事実を報道するよう掛け合ったにもかかわらず、テレビ朝日がこれを拒んだうえ、財務省にも抗議もしなかったというケースとは全く図式が異なります。
 さらにいえば、女性記者の行為は――本人は現在もテレビ朝日の社員なので公言できるかどうかわかりませんが――外形的には一種の内部告発といってよいでしょう。取材の過程で深刻なセクハラ被害を受け、自分だけでなく、女性全体に関わる大きな問題としてとらえ、意を決してそれを記事にするよう社に働きかけたにもかかわらず、上に握りつぶされた。そのため、義憤に駆られて週刊誌の取材を受けたということです。
 そうだとすれば、他社への情報提供を「不適切な行為」と非難するのは、やむにやまれぬ内部告発者を断罪することにつながり、どう考えても恥の上塗りといわざるをえません。

 繰り返し言いますが、テレビ朝日は今回の事案を詳しく検証すべきです。
スポンサーサイト

2018年4月開講~オランダ語を読むための講座の募集要項

2018-03-07

Tag :

○オランダ語を読むための講座

2018年4月から引き続き初級、中級の2講座を開講します。
受講を希望される方、質問がある方は、メールで講師の久保谷宛(kubotani56@gmail.com)にご連絡下さい。初めて受講される方は受講料のほかに、入会金5,000円が必要です(現在受講中の方は不要です)。

●初級コース(継続講座)
 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)を12課から学習します。入門コースを終了した受講生向けの講座ですが、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書を独習された方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。4月21日~8月18日の16回(5月5日、8月11日は休み)
時間 午前10時50分~午前12時20分

テキスト Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)
 テキストは日本での入手が難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代8,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 16,000円
講師 久保谷洋
特徴 教材にはCD-ROMが付属しています。授業は週1回ですので、テキスト本文の内容理解、文法事項の解説に重点を置きます。リスニングや本文の発音練習、暗唱などはCD-ROMを使った自宅学習が中心にならざるを得ません。原則として毎週、前回学んだ課について、簡単なテストをします。最低でも週2時間程度の自宅学習が必要です。


●中級読解コース(継続)

 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)を終了した方向けの講座ですが、大学や各種の学校でオランダ語を1年程度学習された方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書を独習された方で、読むことに特化して勉強されたい方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。4月21日~8月18日の16回(5月5日、8月11日は休み)
時間 午前9時15分~午前10時45分


テキスト 最初の4~5回はTheo Thijssen "Kees de jongen"(「少年ケース」)の残りの部分を勉強します。"Kees de jongen"終了後は、ニュース記事の読解をします。
 「少年ケース」はオランダの著名な教育者テオ・テイセンが執筆した児童文学です。テキストはこれをやさしい現代オランダ語にリライトしたものです(https://www.bol.com/nl/p/literatuur-voor-beginners-9-kees-de-jongen/9200000040986849/?suggestionType=typedsearch)。
 テキストは日本で入手するが難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代1,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 16,000円
講師 久保谷洋
特徴 「少年ケース」については1回に約5~6ページ進みます。予習が非常に重要です。必ず前もって該当箇所を読んできてください。

●2コースを並行して学習する場合は、2つめの講座の授業料は半額になります。

<デルフトメソッド>
 初級で採用するデルフトメソッドは、スマホをお持ちであれば、最初の3課をオンラインで無料学習できます。
 アンドロイド対応スマホの場合は、google playでDelftse Methodeを検索し、Nederlands leren(Gratis)を選択、インストールしてください。

 テキストに付属している単語リストには日本語訳がついていません。日本語版の単語リストは以下のリンクからダウンロードできます。印刷してお使いください。
http://nt2.nl/documenten/woordenlijsten_delftse_methode/nvb4/japans.pdf

西部邁氏の思い出

2018-01-22

Tag :

 大学に入った1年目、西部邁氏(以下、敬称略)の「経済学」の講義を受けた。1976年のことだ。西部は前年、中央公論から「ソシオ・エコノミックス」を出版しており、ラディカル・エコノミックスの旗手として注目を集めていた(ちなみに、「ソシオ・エコノミックス」は西部の友人である元全学連委員長の唐牛健太郎にささげられていた)。
 片手をズボンのポケットに突っ込み、淡々と、しかし自信に満ちた口調で語る西部は──下衆な表現だが──かっこよかった。
 講義の中心はサミュエルソンらに代表される(新)新古典派批判だった。こちらは新古典派の理論さえ十分に理解していないのに、いきなりその問題点を指摘する「市場の失敗」や「パレート最適と社会的公正」の話をされても、なんのことやらわからない。あわてて岩波から出ていたサミュエルソンの「経済学」を買いそろえ、並行して近代経済学の勉強もした記憶がある。
 講義は知的刺激に満ち、とにかくおもしろかった。怠け者の私にしては珍しく、1年間1度も休まずに出席した。当時の西部は、二十歳になるかならないかの私にとって、疎外論の城塚登(「社会思想史」を担当)や「世界の共同主観的存在構造」を著した廣松渉(「西洋哲学史」を担当)と並んで神さまのような存在だった。
 だから、十数年後いわゆる「東大駒場騒動」にからんで西部が新聞に「保守の論客」として紹介されたとき、正直言って違和感があった。伝統的な左翼ではないにしろ、私が知る西部は間違いなく保守の対極に位置する人だったからだ。
 あとで考えると、予兆はあった。私は一時、西部が専門誌に発表する論文や評論に逐一目を通していた。その中に、西部が(たぶんサバティカルで)渡米した際、マルクーゼの授業を見学した様子をエッセイ風に書いたものがあった。マルクス主義を説くマルクーゼを揶揄した箇所に、私が知るラディカリストの西部とは違う顔を見たような気がした。
 東大駒場騒動後、西部は時代の寵児となり、テレビや雑誌などに頻繁に登場するようになったが、私はその後、西部の書いたものをほとんど読んだことがない。雑誌の対論や評論に目を通したことがあるが、そこに書かれていた国家観や憲法論は全く私の価値観とは相いれないものであり、最後まで読み通すのに苦痛を感じるような代物だった。若き日のさっそうとした西部を知る者としては、嫌悪というよりもむしろ痛々しさを覚えた。
 「保守の論客」といわれるようになってだいぶたったころ、偶然、放送大学(テレビ)で西部の講義を見たことがある。淡々とカール・ポパーを論じる西部の姿は私が知る「西部教授」を彷彿とさせるものだった。しかし、そこにはネタがばれた手品を見せられているような居心地の悪さがあった。たぶん、十数年のうちに彼も変わったし、私も変わっていたのだろうと思う。
 何が西部を変えたのか。
 大学院生だったころ(80年代のはじめころ)ゼミの教官だった吉田民人教授(社会学)に西部をどう思うか、尋ねたことがある(たぶん西部が専門誌に書いた論文について)。理論家でならした吉田教授は「西部君がやったことで理論的に成功したことは一つもない」と静かな口調だが、きっぱりといった。厳しい評価だった。
 確かに、西部は博識であった。経済学という枠組みを超えて、近現代の社会科学、社会思想に通暁していた。しかし、彼が満を持して専門誌に発表した論文(今手元にないのでうろ覚えだが、「経済評論」に書いた知の考古学風の論文)は尻切れトンボで終わった感がある。私もその論文を熱心に読んだが、これまでの社会科学、社会思想に登場した概念を整理しただけで、それによって結局何をしたいのかよくわからなかった(私の頭が悪かっただけなのかもしれないが…)。博覧強記であったことが、逆に自らの独創的な理論を構築する妨げになったのか。そして、そのことがより現実に即した政治・社会評論に軸足を移すことにつながったのかもしれない。
 それでも、私は常に彼に対して畏敬の念を抱いてきた。大学1年の時に買った「ソシオ・エコノミックス」はいまも大事に持っている。何度も本を整理し、専攻していた社会学の本もあらかた売り払ってしまったが、若き日に線を引きひき読んだこの本は捨てられなかった。私も年をとって、あと10年生きるか、20年生きるかわからないけれど、たぶん死ぬまで書棚に並んでいるだろう。
※ ※ ※
 批判めいたことを書きましたが、それでも私にとって西部氏は大切な師であり、多くのことを教えていただきました。西部先生のご冥福をお祈りします。

白菜は「中国のキャベツ」~Chinese kool

2017-12-09

Tag :

寒い一日だったので、夕食に白菜とベーコンのスープをつくりました。

白菜はオランダ語ではChinese koolといいます。de koolはキャベツのことですから、「中国のキャベツ」ですね。英語でもChinese cabbageといいますから、これを翻訳したものなのかもしれません。
ベーコンはhet gerookte spek(燻製にした脂身)または単にhet spekといいます。

定訳があるわけではありませんが、「白菜とベーコンのスープ」はde soep van Chinese kool met gerookte spekjesとでもいうのでしょう。

spekはそのままでは不可算名詞ですが、指小辞を使ってspekjesとすると数えられる名詞になります。

Ik heb een pot soep van Chinese kool met gerookte spekjes klaargemaakt als avondeten.
(夕食に白菜とベーコンのスープをつくりました)

湿疹はオランダ語ではeczeem

2017-12-06

Tag :

オランダ語で湿疹をhet eczeemといいます。

妻が単身赴任で埼玉にいますので、自炊することが多くなりました。もともとアトピー体質なので、炊事をすると手に湿疹が出ます。

I heb last van eczeem op mijn handen. (手の湿疹に悩まされています)

●lastはもともと「積み荷」「重荷」の意味で、hij heeft last van ... で「彼は・・・に悩まされている」「・・・の調子が悪い」という表現でよく用いられます。eczeemは症状ですが、vanの後に体の部位が来ることも多いですね。
 例 Hij heeft weer zo'n last van zijn rug.(彼はまたいつもの腰痛が出ている、彼はまた腰の調子が悪い)。rugは辞書では背中という訳語があてられていますが、「首の下から脚の付け根までの体幹の裏側」を指す言葉ですから、ここでは「腰」とすべきでしょう。
●eczeemはこの場合、無冠詞で用いられることが多いです。
●op mijn handenの代わりにaan mijn handenも可です。

あまりひどいので、防水性のバンドエイドを貼りました。バンドエイドのような絆創膏はde pleisterといいます。「を貼る」はplakkenです。

Ik heb een pleister geplakt op mijn hand. (私は手にバンドエイドを貼りました)。



プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月から1年間、外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)をつとめました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。