翻訳しにくい単語、オランダ語で「高校」を何というか。

2016-08-24

Tag :

 昨日に引き続いて、日常的に使われる言葉でありながら、オランダ語に置き換えにくい単語を取り上げます。

 少し会話ができるようになってオランダ人と話をする機会があると、「ぼくは高校生です」とか「息子は高校に通っています」とか、「高校」という言葉を使うべき場面に遭遇します。しかし、そういった場合に「あれ、オランダ語で高校ってなんて言うんだっけ」と考え込むことになります。

 英蘭辞典を参照すると、high schoolの訳語としてmiddelbare schoolが載っていますが、これは中学校と高校を合わせた学校(日本式に言えば中等学校、中高一貫校)を指す言葉ですから、かなり意味がずれてしまいますね。

 オランダ人に尋ねると、中等学校の上級学年を指す場合にはbovenbouwというとよい、とのことでした。

 Mijn zoon zit in de bovenbouw van de middelbare school. 「私の息子は高校に在籍しています」「私の息子は高校生です」

 ただ、bovenbouwはオランダだけで聞かれる言葉です。ベルギーのオランダ語話者にはたぶん通じませんので、念のため。

 ちなみに、bovenbouwは、単語の作り(boven上の+bouw構造)をみるとわかるように、マルクス主義経済学の「上部構造」という意味でも用いられます。
スポンサーサイト

「卒業式」をオランダ語で何という?

2016-08-23

Tag :

 毎週土曜日に飯田橋の協学舎で開いているオランダ語の生徒がかなり増えてきた上、春から外務省研修所でオランダ語の非常勤講師を務めることになり、ブログを更新するしばらく余裕がなくなっていました。夏休みを迎えて、ようやく生活のリズムを取り戻すことができました。またできるだけ、書き込みをしようと思います。

 さて、日本とオランダでは文化やライフスタイルが大きく異なります。従って、日本語に相当するオランダ語がない場合が当然、出てきます。

 たとえば、卒業式。日本の学校文化では卒業式は最も重要なセレモニーであり、多くの日本人はどの国でも同じような儀式が当然行われていると思っています。しかし、世界的に見るとと、日本のような卒業式がある国はまれです。少なくともオランダには国旗を掲げ、国歌を斉唱するような類いの「卒業式」はありません。したがって、卒業式に相当する単語もありません。

 あえて言えば、de diploma-uitreiking(卒業証書授与)でしょうが、これも元来は「式」を表す言葉ではなく、diploma(卒業証書)を授与する行為に力点がある言葉です。実際のdiploma-uitreikingも日本のような厳粛な儀式とはほど遠く、非常にくだけた形式で行われるのがふつです。

外務省研修所

2016-04-01

Tag :

 2016年4月から外務省研修所でオランダ語を教えることになり、その打ち合わせ会に出席しました。担当する講師は4人で、私も入れて3人が日本人、1人がオランダ人のネイティブの方です。

 4月の中旬から下旬にかけて週3回、講義に出なければならないので、かなりいそがしくなりそうです。

 受講生はどんな人なのでしょうか。会うのが楽しみです。

オランダ語講座(4月開講)のお知らせ

2016-03-14

Tag :

○オランダ語を読むための講座
 2016年4月からも引き続き毎週土曜日に「オランダ語を読むための講座」を開きます。東京・飯田橋の「協学舎」(東京都 千代田区飯田橋2-6-1小宮山ビル3F)の主催です。
 初級と中級の2コースあります。受講を希望される方、質問がある方は、メールで講師の久保谷宛(kubotani56@gmail.com)にご連絡下さい。


●初級コース
 オランダ語の知識が全くない方を対象としたコースですが、継続講座ですので、テキストの13課からのスタートになります。9月までにテキストを終了します。現在5人が受講中です。

日程 4月2日(土)~9月10日(土)の16回(原則として毎週土曜日ですが、4/23、4/30、5/7、7/30~8/27は休みます)
時間 午前9時~10時50分
場所 東京・飯田橋の協学舎
テキスト 「ゼロから話せるオランダ語」(清水誠著、三修社)。各自、書店でお求めください。
受講料 16,000円
講師 久保谷洋
特徴 知識の定着をはかるために、随時小テストを行います。
   授業に出席するほか、予習と復習に毎週計2時間程度の自宅学習が必要になります。

●中級コース
 大学や各種の学校でオランダ語を1年程度学習した方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書をすでに終了された方を対象にした講座です。オランダ語の比較的やさしい読み物をていねいに解説しながら、読み進めます。現在2人が受講中です。

日程 4月2日(土)~9月10日(土)の16回(原則として毎週土曜日ですが、4/23、4/30、5/7、7/30~8/27は休みます)
時間 午前11時00分~12時50分
場所 東京・飯田橋の協学舎
テキスト Anne de Vries著 Jaap en Gerdientje Deel 3. De wondersleeの途中(P38~)から
 テキストはこちらで用意します。
受講料 16,000円
講師 久保谷洋
特徴 オランダ語を実際に読み進めながら、読解に必要な語彙や文法事項を補充していきます。
授業では順番に指名してオランダ文を訳していただきますので、予習が不可欠です。
オランダ語を1年間学んだ方ですと、週2~3時間程度の自宅学習が必要になります。

オランダ語を読むための講座~2015年1月開講

2015-12-19

Tag :

○オランダ語を読むための講座
2015年から引き続き、1月上旬から毎週土曜日に「オランダ語を読むための講座」を開きます。東京・飯田橋の「協学舎」の主催です。
初級と中級の2コースあります。受講を希望される方、質問がある方は、メールで講師の久保谷宛(kubotani56@gmail.com)にご連絡下さい。

●初級コース
 オランダ語の知識が全くない方を対象としたコースですが、継続講座ですので、テキストの7課からのスタートになります。
日程 1月9日(土)~3月26日(土)の12回
時間 午前9時~10時50分
テキスト 「ゼロから話せるオランダ語」(清水誠著、三修社)。各自、書店でお求めください。
受講料 12,000円
講師 久保谷洋
特徴 知識の定着をはかるために、随時小テストを行います。
   授業に出席するほか、予習と復習に毎週計2時間程度の自宅学習が必要になります。

●中級コース
 大学や各種の学校でオランダ語を1年程度学習した方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書をすでに終了された方を対象にした講座です。オランダ語の比較的やさしい読み物をていねいに解説しながら、読み進めます。
日程 1月9日(土)~3月26日(土)の12回
時間 午前11時00分~12時50分
テキスト Anne de Vries著 Jaap en Gerdientje Deel 3. De wondersleeの途中から
 テキストはこちらで用意します。
受講料 12,000円
講師 久保谷洋
特徴 オランダ語を実際に読み進めながら、読解に必要な語彙や文法事項を補充していきます。
授業では順番に指名してオランダ文を訳していただきますので、予習が不可欠です。
オランダ語を1年間学んだ方ですと、週2~3時間程度の自宅学習が必要になります。

プロフィール

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト・翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR