スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの課題図書・推薦図書

2013-08-02

Tag :

 夏休みと言えば、読書感想文ですね。でも、いったいどんな本を読んだらいいのか。様々な団体が課題図書・推薦図書のリストを公表しています。

 ここでは私が勤務している朝日学生新聞社の本が入ったリストを紹介します。

 まず、平成24年7月の杉教研学校図書館部のリストです。「益川博士のロマンあふれる特別授業~子どもたちに伝えておきたいこと~」(益川 敏英著)が5・6年生向けの本として入っています。ノーベル賞受賞者による若者へのユニークなメッセージです。
 東京都杉並区教育委員会のホームページによると、杉教研とは杉並区教育研究会の略称で、区立小学校の子どもたちが、夏休み、冬休み、春休みに、読書に親しめるように、推薦図書を選んでいるそうです。

 次に京都市図書館の夏休み課題図書(すいせん図書)リストには、小学校中学年向けとして「ローラのすてきな耳」(エルフィ・ネイセ作)が載りました。耳が聞こえにくい女の子の悩みを描いた絵本です。
 「ローラのすてきな耳」はこのほかにも枚方市立図書館(大阪府)のおすすめ子どもの本にも登録されており、この絵本に対する人気の高さを物語っています。


 第3に、広島県尾道市の読書感想文を書くためのお薦め図書リストですが、中学の部に「はだしのゲン わたしの遺書」(中沢啓治著)が入りました。 原爆を描いたマンガ「はだしのゲン」の著者が、次代を担う若者たちに残した言葉を収めています。

 第4に、 北海道学校図書館協会の「夏休みにおすすめする本」には、「ガチャガチャ☆ GOTCHA!」(宮下恵茉著)がリストアップされています。願いをかなえてくれる神様のお話です。

 最後に、ちょっとかわったところでは、信州大学「小中学生のための初めて学ぶ著作権」(岡本薫著)を2012年度学生用推薦図書リスに入れています。わかりやすい言葉で書かれていても、内容はかなり高度で、法律を学ぶ大学生の入門書としても十分役に立つと言うことなのでしょう。

 リストに入れてくださった諸団体の皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト

「竜が呼んだ娘」が日本図書館協会の選定図書に

2013-07-29

Tag :

 少し前のことですが、私が勤務する朝日学生新聞社で出版した「竜が呼んだ娘」(柏葉幸子著)が日本図書館協会の選定図書になりました。


 ご参考までに、朝日学生新聞社の本で選定図書となったもののリストを以下に掲げておきます。出版部の立ち上げから、わずか数年しかたっていませんが、かなりの数にのぼっています。

『ガチャガチャ☆GOTCHA!』
『はだしのゲンわたしの遺書』
『僕たちのブルーラリー』
『かえだま』
『ヨーロッパお菓子物語』
『ヤーク』
『ママとあたしの通信簿』
『益川博士のロマンあふれる特別授業』
『すずかけ荘の謎の住人』
『すずかけ荘のピアニスト』
『やさしいおうち』
『ベンおじさんのふしぎなシャツ』
『ふたつのおうち』
『ロージーとムサ パパからの手紙』
『ロージーとムサ』
『ローラのすてきな耳』
『DADA マティス ダンス パラダイス』
『DADA マルサンカクシカク セザンヌ』
『DADA ターナー号出発』
『DADA モネ色いろ』
『DADA ルノワール、みつけた』
『DADA なるほどダ・ヴィンチ』
『DADA ルソー おかしなジャングル』
『DADA ピカソ びっくりキュビスム』

「北限のサル」がブック・アサヒ・コムで紹介されました

2013-06-26

Tag :

 朝日学生新聞社から出版された「北限のサル 世界の一番北でくらすサルの物語~青森県・下北半島から~」アサヒ・ブック・コムで紹介されました。

 この本は、朝日小学生新聞に連載された磯山隆幸さん(65)と妻りょう子さん(64)の記事をまとめたものです。
 むつ市脇野沢を舞台に、動物たちと地元の人々の暮らしぶりが、四季折々の風物を織り交ぜながら達意の文章で描かれています。小学生向けにルビが振ってありますが、中高生や大人が読んでも楽しめる本ですね。脇野沢という小さな窓を通して、私たちが暮らすこの日本という国の人間と動物との衝突と共生が見えてくる仕掛けになっています。
 
 写真もすばらしいですね。母ザルにだかれた生後1週間の小ザル、雪の中をラッセルしながら進むサルの群れ、海の中を歩くニホンカモシカの親子……。どれも1カ月や2カ月で撮影できるシーンではありません。じっくり地元に根を張り、何十年もかけて動物たちを追い続けてはじめて巡りあえたシャッターチャンスだったはずです。

 私は2年前の夏、家族で脇野沢を訪れ、磯山さんご夫婦がペアレントをつとめておられるユースホステルに泊まりました。自然に恵まれたすばらしいユースでした。記事で脇野沢ユースのことを知り、連載中に親子で泊まりに行った読者の方もおられたようです。みなさんも本を読んだら、ぜひ一度、脇野沢を訪れてみてください。

「アップルムース」がスペインで大賞

2013-06-18

Tag :


 私が翻訳した「アップルムース」が2012年のスペイン最優秀児童文学賞を受賞しました。というか、昨年12月に発表されていたようなのですが、見落としていました。

 受賞をしらせる記事によると、マドリードで催された授賞式には著者のフェルプランケが出席したようです。フェルプランケはインタビューに答え、「受賞スピーチはスペイン語でするつもり。きっとうけると思うよ」と述べています。

「はだしのゲン わたしの遺書」の反響(その2)

2013-03-18

Tag :

 取り上げられた記事、書評を追加します。

サンケイ2013年1月6日付 書評 評者・宝田茂樹氏(文化部編集委員)
 「自らの不屈の人生を小学生にもわかりやすくおさらいし、まとめたのが本書である」「『なにくそ』と負けない気持ちが伝わってくる一冊だ」→全文を読む

中国新聞2013年1月7日付 記事
 見出し「中沢さんの人生つづる/『ゲン』作者 聞き書き出版」→全文を読む

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。