ブログ再開宣言

2010-12-07

Tag :

 3年ほど前、朝日学生新聞社に再就職してから仕事が非常に忙しく、ブログを更新することができませんでした。最近、やっと生活のリズムが安定してきましたので、リンクログからFC2に移動して再開します。

 まず、最初に自己紹介しますね。

 私は1956年10月、東京・信濃町の慶応病院で生まれました。親の仕事の都合ですぐに実家がある広島に帰り、小学校を卒業するまでは塩田の町・竹原市で過ごしました。

 竹原小学校を卒業した後、広島城北中学→広島城北高校→東京大学文学部→同大学院社会学研究科と進学しました。大学では社会学を専攻していました。83年、朝日新聞社に入社しました。

 朝日では新潟支局、横浜支局を経て88年12月に東京本社社会部記者となり、東京地検や警視庁、文部省(当時)などを担当しました。遊軍時代に、たまたま情報公開法や個人情報保護法の制定が検討されていたため、多数の企画記事や解説記事を執筆することになりました。当時は情報公開・個人情報保護にもっとも詳しい記者の一人だったと思います(自画自賛と笑われるかなあ)。

 2001年に朝日新聞を退社してフリーとなった後、CSテレビ朝日ニュースターのキャスターなどをつとめておりました。2008年4月に縁あって、朝日小学生新聞や朝日中学生ウイークリーを発行している朝日学生新聞社の管理担当・総務部長に就任。現在、同社出版担当(役員待遇)、出版部編集委員として書籍の編集・出版にあたっております。

 朝日新聞社会部記者時代に6カ月間、育児休暇をとったことがあり、男ではめずらしいからでしょうか、ときどき「体験を話して」と講演を依頼されることがあります。

 42歳にふとしたきっかけからオランダ語の勉強をはじめ、翻訳などの仕事も手がけています。

 以上です。

 できれば、少しずつでも毎日書き込みたいと思いますので、よろしくお願いします。  
スポンサーサイト

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR