オランダ語で「犯行声明を出す」~opeisen

2015-08-23

Tag :

 さて、昨日に続き、タイの爆弾テロのニュースから。英語では「の犯行声明を出す」をclaim responsibility for~といいます。では、オランダ語では、どう表現するのでしょうか。

 同じニュースの少し後に、これに相当する表現が出てきます。

 Niemand heeft de terreurdaad opgeëist. そのテロ行為について、だれも犯行声明を出していない。

 主語はniemand(英nobody)、目的語はde terreurdaad(英terrorist attack)です。動詞opeisenが「の犯行声明を出す」の意味で、この文では完了過去(heeft...opgeëist)になっています。

 ちなみに、講談社のオランダ語辞典ではopeisenの訳語として(1)(支払いなどを)要求[請求]する、(権利などを)主張する(2)(軍)(軍隊・要塞などに)降伏を勧告する――しかあげていません。この訳語からオランダ語文の正確な意味をつかむことは、ちょっと難しいかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR