aanspreken op の意味

2015-10-19

Tag :

 10月から東京・飯田橋の協学舎でオランダ語講座を始めました。そのため、教材作りなどに時間をとられ、少々ブログの更新がおろそかになっていました。反省。反省。

 さて、今日の話題はaanspreken op の意味についてです。

 最近、オランダの小説を読んでいて、ik spreek hem aan op zijn gedrag. という文に出会いました。spreek...aanの元の形は分離動詞aansprekenです。そこで、講談社の「オランダ語辞典」をひくと、他動詞として(1)使い始める、手をつける(2)話しかける、呼びかける、(道で)呼び止める――の訳語が記されています。そうすると、zijn gedragは「彼の態度」ですから、「私は彼の態度について彼に話しかける」とでも訳すのでしょうか。しかし、前後関係からしてぴったりこない。

 実はaanspreken ・・・op~は一種の熟語で「~について・・・の責任を問う」「~について・・・をとがめる」の意味なのです。従って、原文は「わたしは彼の態度について彼の責任を問うた」の意味、くだけた訳では「態度わるいぞ、と彼をたしなめた」とでもなるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR