ピサの斜塔

2017-04-20

Tag :

 ファナックUSA初代社長をつとめられた遠藤尚雄さんが、たしか「英語は独学に限る」という本の中で、英米の高校生が使う通信教育用のテキストを読むことを薦められていました。ピサにある傾いた塔が「ピサの斜塔」と呼ばれていることはだれでも知っているが、英語でどう言うか、知っている人は多くはない。語学教材ばかりに頼って勉強していると、英米人が常識としているような定型的な表現に死角ができる、教科書はそういう穴を埋めるのに最適の読み物である、という趣旨だったと思います。

 オランダ語の場合、そもそも日本人に適した語学教材自体がほとんどみあたらない現状なので、状況は大きく異なりますが、ある程度まで勉強が進んだら日常的によく口にする定型的な表現を調べて記憶しておく必要がある点では、英語とまったく同じです。

 さて、「ピサの斜塔」はオランダ語では何と言うでしょうか。

 答えは de Scheve toren van Pisa です。

 scheef は、「斜めの、傾いた」という意味の形容詞です。ここでは toren がde名詞であるため、語尾にeがついてscheveと形を変えています。同義語は schuin 反対語はrecht です。

 最近ニュースを読んでいて出会ったこのたぐいの語としては、het Vrijheidsbeeld「自由の女神」、de Grote Muur「万里の長城」などがあります。

 みなさんもどんどんオランダ語を読んで、こういった語を自分の語彙リストの中に追加していってくださいね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR