スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国魂神社に初詣

2011-01-03

Tag :

 元旦、子どもたちと義母が入所している調布市の施設を訪れ、義父母と食事をしました(妻は記者なのでお仕事)。せっかく近くまで来たので、府中まで足を伸ばし、大国魂神社に参拝しました。

okunitama1.jpg 大国魂神社は、私が大好きな神社です。息子・善記のお宮参りもこの神社でしました。
 神社の言い伝えによると、武蔵国総社でもある大国魂神社は創建111年。東京大神宮、靖国神社、日枝神社、明治神宮とともに、東京五社の一つに数えられています。
 明治以降のいわゆる国家神道の立場からみれば、神社の格式は明治神宮などより下ということになるのでしょうが、日本固有の文化に起源を持つ宗教という観点から言えば、五社の中でも断然トップというべきです。社伝の111年が正しいかどうかはともかくとして、大和政権(大和朝廷)の勢力が関東に及ぶずっと前から、この神社はあったのですから。



okunitama.jpg 午後2時ごろ神社に着くと、は旧甲州街道に面した大鳥居あたりまで人の列ができていました(写真上は旧甲州街道からみた大鳥居)。
 参道には両側にびっしり出店が並んでいます。本殿へ向かう人たちは4、5人の列で中央を進んでいくのですが、両側の店で買い物をする人や参拝を済ませて逆方向に歩いてくる人などがいて、大変な混雑でした。それでも、30分ほどで本殿にたどり着き、無病息災と出版部の発展をお祈りすることができました(写真右は本殿前の人垣です)。

amazake.jpg 体が冷えてきたので、子どもたちと1杯300円の甘酒を買いました。熱い甘酒をふうふう吹きながら、すすっているうちに、体も温まってきました。
 最後におみくじ。大国魂のご加護を祈りながら、木箱を振り、みくじ棒を取り出すと番号は「14」。巫女さんからおみくじを受け取り、開いてみると「大吉」でした。

 ちなみに息子の善記も「大吉」、娘の遙は「末吉」でした。

 今年もよい年でありますように。



スポンサーサイト

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。