スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐倉市立美術館、ベルギー絵本展

2011-02-22

Tag :

 2月17日、佐倉市立美術館で開かれているベルギー絵本展に行ってきました。少々、遅れてしまいましたが、報告します。

 美術館は京成・佐倉駅から緩やかな坂を登ること、およそ10分。道路の突き当たりに建っていました。早速、入場料を払い、展覧会を1時間ほどかけて鑑賞しました。わがヒド・ヘネヒテンも、「リッキ」の原画などが展示されていましたよ。

 作家や作品の中には、ヒドさん以外にも、なかなかすばらしいものがありました。本邦未翻訳の作品の2、3については、翻訳権取得交渉をしてみようかな、と考えています(どの作品かは、まだ企業秘密です。ごめんなさい)。

 帰り際に、ミュージアムショップの方にごあいさつしたところ、当社出版の「ヒドさんの じゆうにたのしく おえかきしようよ!」は展覧会開始から10日あまりで7冊売れたとか。その場で、交渉させていただいたところ、「内容も美術館向きなので、展覧会終了後も販売してもいいですよ」とのお言葉をいただきました。

 佐倉は、本社がある東京・築地から約1時間半、ちょっと遠かったですが、収穫の多い1日でした。
スポンサーサイト

ROKOさんのコメント

ベルギー絵本作家展

はじめてコメントさせていただきます。
私は、佐倉市立美術館で開催されている、ベルギー絵本作家展の
ワークショップ企画に参加している、市民ボランティアのものです。
展覧会開催に合わせ、ミュージアムショップで絵本を販売していますが
「ヒドさんのじゆうにたのしくおえかきしようよ!」をそこで拝見して
とてもいいなと思い、検索しているうちにこちらにたどり着きました。

叔父が週間朝日の編集委員をしていたこともありまして、
勝手に親しみを感じさせていただいております。
遠いところ佐倉にいらして下さり、ありがとうございます。
未邦訳の作品、どれを翻訳されるのか・・・。
本になって手に取るのが大変楽しみです。

hiroshiさんのコメント

Re: ベルギー絵本作家展

> はじめてコメントさせていただきます。
> 私は、佐倉市立美術館で開催されている、ベルギー絵本作家展の
> ワークショップ企画に参加している、市民ボランティアのものです。

コメント、ありがとうございます。

すてきな展覧会でした。特にガブリエル・バンサンのデッサンは力強く、さすがだと思いました。

> 展覧会開催に合わせ、ミュージアムショップで絵本を販売していますが
> 「ヒドさんのじゆうにたのしくおえかきしようよ!」をそこで拝見して
> とてもいいなと思い、検索しているうちにこちらにたどり着きました。

関心をもっていただき、ありがとうございます。翻訳・出版したかいがありました。

> 叔父が週間朝日の編集委員をしていたこともありまして、
> 勝手に親しみを感じさせていただいております。
> 遠いところ佐倉にいらして下さり、ありがとうございます。
> 未邦訳の作品、どれを翻訳されるのか・・・。
> 本になって手に取るのが大変楽しみです。

そうですか。実は私も、もともとは朝日新聞社(社会部)にいた人間です。

朝日学生新聞社の出版部は、朝日新聞出版部(現在は朝日新聞出版)とは比べものにならない小さな所帯ですが、ほかの出版社が手を出さないような、独創的な本を出版していくつもりです。

翻訳については、早速オリジナルを注文しました。入手できた時点で、企画会議にかけますので、しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。