スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりで学ぶプログラム学習

2011-05-08

Tag :

 前回に続いて朝日小学生新聞に連載中の「ひとりで学ぶプログラム学習算数」4年5年)について書きます。 

 私が仲松さんの存在をふとしたことから知り、仲松さんの「セルフ塾」のサイトでテキストを購入したのは約2年前のことでした。早速そのテキストを、当時、6年生と4年生だった息子と娘に使ってみました。

 プログラム学習書は、修得すべき事項を小さなステップに分けてあります。そして、階段を一歩一歩上って行くと、自然に頂上に到達できるように配慮されているので、自学自習に適しています。私の家は共働きなので、なかなか子どもの勉強を長時間見てやることが出来ません。そこで、次のようにプログラム学習書を活用しました。

 (1)私が今日やるべき部分にポストイットをはり、子どもの机の上に置いておきます(通常2-3ページです)(2)子どもは学校から帰って独りでその部分を勉強します(算数に限れば、20ー30分程度の分量)(3)夜帰って、私が採点します。間違っているところは、その場で直させます。理解が不十分だと思われるときは、テキストをいっしょに読んで論理の道筋を追わせます(4)テキストは2冊購入してあって、1週間後くらい後にもういちど同じ箇所をやらせます。以上です。

 子どもたちは、それぞれのペースで一生懸命取り組んでいました。その結果、2人とも学校でなかなか良い成績をとることができました(昔風に言うと5に相当する成績でした)。息子は公立中高一貫向けの塾に6年生から週1回通っておりましたが、娘の方は塾にも行かず、算数についてはこのテキスト以外これといった教材はやっていないので、成績は純粋にプログラム学習書のおかげといってよいでしょう。

 体験から申し上げると、学校の勉強に関する限り、このプログラム学習書をマスターすれば十分ですね(レベルは、教科書より少し高いと思います。中学受験される方も、算数の基礎を養うのに適した教材です)。

 子どもたちが仲松さんのプログラム学習書で勉強をはじめてから2年ほどたちました。中2の兄は、プログラム学習書ですでに中学の全教程を終了しました。小6の娘はいま、中1の内容を終えたところです。

 連載では仲松さんのワンポイント講義もありますから、テキストだけよりもつまづきは少ないでしょう。連載はなかなかの人気で、「毎日ノートにはって勉強しています」「学校のテストの点が上がりました」などというお便りが寄せられています(仲松さんのブログにも読者の声が出ているようですね)。
スポンサーサイト

selfyojjiさんのコメント

仲松です

プログラム学習の仲松です。
プログラム学習を検索していたら、このページに出合いました。これまで久保谷さんがブログをお書きになっているのを知りませんでした。
ぼくの学習書をきちんと使っていただき、とてもうれしいです。
どうもありがとうございます。
これから時々ブログを読ませていただきます。

hiroshiさんのコメント

Re: 仲松です

筆者ご本人からコメントをいただき、光栄に存じます。

「ひとりで学べる算数」シリーズは、本当によい本だと思います。私たちも一生懸命、普及に努めて参ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。