難聴の少女が主人公の絵本「ローラのすてきな耳」

2011-11-25

Tag :

lore-hyoushi2.jpg 耳が聞こえにくい女の子をえがいたベルギーの絵本「ローラのすてきな耳」(エルフィ・ネイセ/文、エリーネ・ファンリンデハウゼ/絵)が、11月20日から4回にわけて、朝日小学生新聞に連載されました。翻訳は私が担当しました。

 この絵本では、主人公のローラが、聞こえにくいことが原因で友達となじめなかったり、危ない目にあったりします。ローラは専門のお医者さんの診断を受け、デジタル補聴器をもらいます。それがきっかけとなって、新しい世界が開けるというストーリーです。

 絵本は、ローラの視点で、難聴の問題が描かれています。まわりの人々が、どんなことに気をつければよいのかについては、連載第1回の紙面で新潟県立新潟聾学校の白井一夫先生に話していただきました。さらに詳しい情報が必要な方は、白井一夫先生が運営するサイト「難聴の思春期を考えるページ」を参照されるとよいと思います。
 

 いくつか反響も寄せられています。たとえば、、聖学院大学人間福祉学科の学生と教職員の非公式ブログ「福祉のこころ」が、連載内容を詳しく紹介してくださってます。

 「ローラのすてきな耳」は来月、朝日学生新聞社から発売される予定です。

スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

聖学院大学「福祉のこころ」さんのコメント

はじめまして。
聖学院大学「福祉のこころ」です。
この度は、ブログで当大学のブログのことをご紹介いただきありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

絵本の発売が楽しみです。

匿名さんのコメント

絵本の発売日はいつですか??

hiroshiさんのコメント

Re: タイトルなし

> はじめまして。
> 聖学院大学「福祉のこころ」です。
> この度は、ブログで当大学のブログのことをご紹介いただきありがとうございました。
> 今後とも、よろしくお願いいたします。
>
> 絵本の発売が楽しみです。

こちらこそ。当社、出版の絵本をとりあげていただき、ありがとうございます。

翻訳は私がしておりますので、訳者としてもお礼を申し上げます。

hiroshiさんのコメント

発売日

> 絵本の発売日はいつですか??

正式の発売日は12月20日となっていますが、本屋さんによっては17日ごろから店頭に並びます(取次への搬入日の関係で少し前後します)。確実に入手されたい場合は、予約しておかれることをおすすめします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR