運動会シーズン、かけっこで一番をめざそう

2012-05-01

Tag :

 運動会シーズンに入ります。昔は10月ときまっていましたが、いまでは約半数の小学校が5月に運動会を開くそうです。

 運動会といえば、かけっこですね。勉強ができるだけでなく、スポーツにも積極的に取り組み、一番、一等をめざしたいところです。学校では競争やほかの子どもとの比較を嫌う文化がありますが、私は「かけっこで1番になりたい」という子どもの向上心を、大切にしたいと思います。

 体育指導の専門家、水口高志さんが4月30日付の朝日小学生新聞で「かけっこ速く走るには・・・」と題して、子どもたちの質問に答えています。5月15日までは朝日学生新聞社出版部のサイト「あさがくジェーピー」で読めます(サイト左側中程の「お知らせ」の欄からリンクがはられています)。

 娘が小学6年生のとき、「どうしても運動会でリレーの選手になりたい」というので、水口さんの本(コツをつかんで苦手を克服!小学生のための体育基本レッスン
)を読んで毎日100メートル走の練習をしました。すると、すぐに1秒くらいタイムが速くなりました(決して誇張ではありません、本当の話です)。娘は結局、リレーの選手にはなれませんでしたが、かけっこのタイムがアップしたことは素直に喜んでおりました。みなさんも試してみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 学校行事!
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR