サクラの花に関連した表現

2017-04-05

Tag :

 サクラのシーズンになりました。このところ寒い日が続いたので、東京では開花が少し遅れていましたが、4月に入って日当たりのよい場所では満開となりました。

 そんな折り、オランダ語の授業で、生徒さんから「友人のオランダ人にメールを書きたい。『もし明日よい天気なら、花見をするために上野公園に行きます』はオランダ語でどういったらいいのか」と質問を受けました。

答えは、
Als het morgen mooi weer is, ga ik naar (het) Ueno Park om de kersenbloesem te zien.

注意をいくつか。het is mooi weer. で「晴れです」という意味ですが、als(英語if)が従属接続詞なので動詞のisは節末に移動します。サクラの一つ一つの花はkersenbloemですが、木についている花全体をいうときはkersenbloesemを使います。

「昨日、花見で鎌倉に行きました」
Gisteren ben ik naar Kamakura geweest om naar de kersenbloesem te kijken.

「公園のサクラはいま満開です」
De kersenbloesem in het park staat nu in volle bloei.

De kersenbloesem in het park is nu op zijn hoogtepunt.

オランダ語では「5分咲き」のような言い方はあまりしないようです。あえて書くとすれば、
De kersenbloesem staat in halve bloei.
でしょうか。

オランダには入学式がない

2017-04-04

Tag :

 年度がかわり入学式のシーズンになりました。オランダ語で「入学式」を何というのでしょうか。

 日本の人は不思議に思うかもしれませんが、オランダには入学式はありません。従って、私が知る限り、「入学式」という意味の単語や定型的な表現はありません(もし、知っている方がいたら教えてください)。

 日本の行事をオランダの人に説明するときには、de ceremonie ingang と言えばよいと思います。

 例えば、「私は今日、小学校の入学式に出席しました」は

 Vandaag heb ik de ceremonie ingang van de basisschool bijgewoond.

となります。 
★de basisschool 「小学校」、bijgewoond 「bijwonen(に出席する)の過去分詞形」

 入学式がないオランダと比較すると、日本人は「儀式」が大好きなのかもしれませんね。そういえば、息子の大学の入学式に出た妻の話では、男子学生のほとんどがスーツ姿だったとか。時代は変わりました。

2017年5月スタートのオランダ語講座~協学舎

2017-04-02

Tag :

○オランダ語を読むための講座
 2017年5月にスタートする入門、初級、中級の3講座(いずれも継続講座)を開講します。東京・飯田橋の「協学舎」の主催です。
受講を希望される方、質問がある方は、メールで講師の久保谷宛(kubotani56@gmail.com)にご連絡下さい。初めて受講される方は受講料のほかに、入会金5,000円が必要です(現在受講中の方は不要です)。

●入門コース
 オランダ語の知識が全くない方を対象としたコースですが、継続講座ですので15課から始めます。会話形式のスキットを勉強しながらオランダ語の主要な文法事項や表現をマスターします
日程 毎週土曜日。5月20日〜8月26日(土)の15回
時間 午後1時〜2時30分
テキスト 「ゼロから話せるオランダ語」(清水誠著、三修社)。各自、書店でお求めください。
受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 知識の定着をはかるために、随時小テストを行います。
 授業に出席するほか、毎週2時間程度の自宅学習が必要になります。

●初級コース
 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)の前半部分(17課〜)を学習します。入門コースを終了した受講生向けの講座ですが、大学や各種の学校でオランダ語を1年程度学習された方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書を独習された方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。5月20日〜8月26日(土)の15回
時間 午前11時00分〜12時30分(授業終了後に個別に口頭でテストを行う場合があります)。
テキスト Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)
 テキストは日本での入手が難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代8,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 教材にはCD-ROMが付属しています。授業は週1回90分の授業ですので、テキスト本文の内容理解、文法事項の解説に重点を置きます。リスニングや本文の発音練習、暗唱などはCD-ROMを使った自宅学習が中心にならざるを得ません。毎週、前回学んだ課について、簡単なテストをします。
最低でも週3時間程度の自宅学習が必要です。オランダ留学などを目指す方は、週5〜6時間程度の自宅学習を推奨します。

●中級コース
 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)の後半部分(33課〜)を学習します。初級コースを終了した受講生向けの講座ですが、大学や各種の学校でオランダ語を1年半程度学習された方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。5月20日〜8月26日(土)の15回
時間 午前9時00分〜10時30分(授業終了後に個別に口頭でテストを行う場合があります)。

テキスト Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)
 テキストは日本での入手が難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代8,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 教材にはCD-ROMが付属しています。週1回90分の授業ですので、テキスト本文の内容理解、文法事項の解説に重点を置きます。リスニングや本文の発音練習、暗唱などはCD-ROMを使った自宅学習が中心にならざるを得ません。毎週、前回学んだ課について、簡単なテストをします。
最低でも週3時間程度の自宅学習が必要です。オランダ留学などを目指す方は、週5〜6時間程度の自宅学習を推奨します。


<デルフトメソッド>
 初級と中級で採用するデルフトメソッドは、スマホをお持ちであれば、最初の3課をオンラインで無料学習できます。
 アンドロイド対応スマホの場合は、google playでDelftse Methodeを検索し、Nederlands leren(Gratis)を選択、インストールしてください。

  テキストに付属している単語リストには日本語訳がついていません。日本語版の単語リストは以下のリンクからダウンロードできます。印刷してお使いください。
http://nt2.nl/documenten/woordenlijsten_delftse_methode/nvb4/japans.pdf

<講師略歴>久保谷洋(くぼたに・ひろし)元朝日新聞社会部記者。外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)

オランダ語、分詞構文の処理 「~しながら・・・する」をどのようにいうか

2017-01-05

新年、おめでとうございます。2017年がよい年でありますように。

協学舎(飯田橋)のオランダ語講座ですが、2人がオランダに行ってしまい、少し寂しくなってしまいましたが、7日から新たな講座が始まります。今年も楽しくオランダ語を勉強しましょう。

さて、英語には分詞構文があって、「~しながら・・・する」のような文章で多用されます。

The boy is walking on the street, singing a song. 少年は歌を歌いながら通りを歩いている。

オランダ語にも現在分詞を使った構文はあるのですが、文語的であまり使われません。こういう場合、オランダ語ではterwijl(英while)という接続詞を使うのが原則です。

De jongen loopt op straat terwijl hij een liedje zingt.

「立って・・・する」「座って・・・する」「寝っ転がって・・・する」のような意味を表すときは、staan te, zitten te, liggen teを使います。

たとえば、He is lying on the bed, reading a book.(彼はベッドに寝転がって、本を読んでいます)はオランダ語では

Hij ligt op het bed een boek te lezen.

となります。

オランダ語を読むための講座~2016年1月継続講座募集

2016-12-11

Tag :

○オランダ語を読むための講座
2017年1月にスタートする入門、初級、中級の3講座(いずれも継続講座)を開講します。東京・飯田橋の「協学舎」の主催です。
受講を希望される方、質問がある方は、メールで講師の久保谷宛(kubotani56@gmail.com)にご連絡下さい。初めて受講される方は受講料のほかに、入会金5,000円が必要です(現在受講中の方は不要です)。

●入門コース
 オランダ語の知識が全くない方を対象としたコースですが、継続講座ですので8課から始めます。会話形式のスキットを勉強しながらオランダ語の主要な文法事項や表現をマスターします
日程 毎週土曜日。1月7日~4月22日(土)の15回(2月11日は休みです)
時間 午後1時~2時30分
テキスト 「ゼロから話せるオランダ語」(清水誠著、三修社)。各自、書店でお求めください。
受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 知識の定着をはかるために、随時小テストを行います。
   授業に出席するほか、毎週2時間程度の自宅学習が必要になります。

●初級コース
 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)の前半部分(10課~19課)を学習します。入門コースを終了した受講生向けの講座ですが、大学や各種の学校でオランダ語を半年程度学習された方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書を10課くらいまで独習された方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。1月7日~4月22日(土)の15回(2月11日は休みです)
時間 午前11時00分~12時30分(授業終了後に個別に口頭でテストを行う場合があります)。
テキスト Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)
 テキストは日本での入手が難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代8,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 教材にはCD-ROMが付属しています。授業は週1回90分の授業ですので、テキスト本文の内容理解、文法事項の解説に重点を置きます。リスニングや本文の発音練習、暗唱などはCD-ROMを使った自宅学習が中心にならざるを得ません。毎週、前回学んだ課について、簡単なテストをします。
最低でも週3時間程度の自宅学習が必要です。オランダ留学などを目指す方は、週5~6時間程度の自宅学習を推奨します。

●中級コース
 Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)の後半部分(28課~)を学習します。初級コースを終了した受講生向けの講座ですが、大学や各種の学校でオランダ語を1年程度学習された方、「ニューエクスプレスオランダ語」や「ゼロから話せるオランダ語」などの入門書を終了された方も受講可能です。
日程 毎週土曜日。1月7日~4月22日(土)の15回(2月11日は休みです)
時間 午前9時00分~10時30分(授業終了後に個別に口頭でテストを行う場合があります)。

テキスト Delftse methode Nederlands voor buitenlanders(第4版)
 テキストは日本での入手が難しいので、希望される方にはこちらで用意します(テキスト代8,500円)。オランダから取り寄せるのに2週間程度かかりますので、テキストを希望される方は早めに申し込んでください。

受講料 15,000円
講師 久保谷洋
特徴 教材にはCD-ROMが付属しています。週1回90分の授業ですので、テキスト本文の内容理解、文法事項の解説に重点を置きます。リスニングや本文の発音練習、暗唱などはCD-ROMを使った自宅学習が中心にならざるを得ません。毎週、前回学んだ課について、簡単なテストをします。
最低でも週3時間程度の自宅学習が必要です。オランダ留学などを目指す方は、週5~6時間程度の自宅学習を推奨します。


<デルフトメソッド>
 初級と中級で採用するデルフトメソッドは、スマホをお持ちであれば、最初の3課をオンラインで無料学習できます。
 アンドロイド対応スマホの場合は、google playでDelftse Methodeを検索し、Nederlands leren(Gratis)を選択、インストールしてください。

  テキストに付属している単語リストには日本語訳がついていません。日本語版の単語リストは以下のリンクからダウンロードできます。印刷してお使いください。
http://nt2.nl/documenten/woordenlijsten_delftse_methode/nvb4/japans.pdf

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
久保谷洋(くぼたに・ひろし)
ジャーナリスト、翻訳家。
元朝日新聞東京社会部記者、元朝日学生新聞社出版担当。タイトルはブログを始めたときの肩書きが「出版担当の役員」だったときにつけたものです。ある程度定着しているので出版担当をやめた後も、そのままにしています。2016年4月~外務省研修所非常勤講師(オランダ語担当)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR